新着情報

研修トレーニングの意味とは?

過去の記事 

あるお客様で定期的な管理職研修を実施している。

本社の品質保証部の方より、本社で運用されているシステム(TQCやQMS)を是非とも現地法人で運用して貰いたいとの強烈な要請がその背景にあった。

総経理の基本認識は、いきなり日本本社で運用している制度・仕組みを現地法人に移植してもその効果は少ない、いや意味がないとのものである。

日本本社と同じ、あるはニァー・イコールの仕組みを構築するためには、その前段階の認識を整備する必要があるとのものであった

まさに慧眼である。

多くの日系企業様では、両極端である。

①日本本社の制度・仕組みを何の事前環境の整備もなく移植しようとするが、うまくできないパターン。

②人材の流動性が高い等の全く関係ない理由を全面に出し、研修を実施していないパターン。

この2パターン典型であろう。

総じて中国人スタッフの方は、企業内での研修に対すと枯渇感が高いことを認識した方が良いであろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る