新着情報

まずは社内の階層を明確にすることからです。

過去の記事 

 

こちら中国で方針管理ないし目標管理制度を導入されている会社様も多いことと思う。

また定期の昇給・昇格や組織変更をされた会社様もあることであろう。

新しく管理職になられる方への教育体制は如何でしょうか?

この時期は日本国内では新入社員教育や管理職教育がスタートする時期でもあります。

こちら中国の現地法人でも、新たに管理職になられた方への研修をスタートさせなくてはいけない時期です。

忙しい日常業務の中でこのような教育研修を実施することは、なかなか大変なことかもしれません。

土曜日ないし日曜日の時間を利用し、教育トレーニングを実施することも必要です。

どのような教育カリキュラムを組むか?です。

まずは、教育トレーニングを実施する社内階層の把握からです。

・一般ワーカーを対象とするのか?

・管理職を対象とするのか?

・管理職とはいえ、どのような階層別にするのか?

当然対象となる階層別にカリキュラムを組まなくてはなりません。

まずは、対象となる階層の把握が第一段階です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る