新着情報

飛行機内でのマナー

過去の記事 

 

基本的なことでしょうが、飛行機内での(貧乏ゆすり)は止めていただきたいものだ。

よくあるのが飛行機に搭乗してから1時間も2時間も待たされるケースが多い。

それであれば待合室で搭乗を待っている方がまだストレスが少ないように思う。

当然その時はテーブルを広げて書類などに目を通すが、前のシートに座っている方の(貧乏ゆすりが)テーブルに響く。

先日もどうした訳かテーブルが揺れた。後の乗客の膝の(貧乏ゆすり)かと思い何度も後ろを確認したがそうではく、前に座っていた中年の中国人女性の(貧乏ゆすり)であった。

中年の女性の(貧乏ゆすり)であった。

個人的なクセなのであろうが、飛行機の機内のように床が響きやすい環境での貧乏ゆすりは止めて頂きたいものだ。

皆様はこのような経験はありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る