新着情報

社内規定の網羅性を如何に高めるか?

過去の記事 

社内規定の網羅性を高めること。

言い尽くされた言い方である。

社内規定に関連してである。

どちらの会社様も社内規定は整備されている事と思うが、現有の社内規定の網羅性は如何であろうか?

社内での制度,特に社内規定は制定したその瞬間から陳腐化がスタートする宿命にある。

多くの場合には、連続的に発生する社内の出来事に現在の規定集では対応できず、応急的な措置でその場を切り抜けることが多い。

実際の実務上はこのように対応することになるであろう。

しかし・・・・である。

最大の問題はこの応急措置を実際の規定の改定に如何に結びつけるか?であり、そして如何に定期的に社内規定を見直す体制を構築するか?である。

・まずは社内規定で体制を構築する。

・日常的にはまさにさまざまなことが発生する。

・そして時間の重みと比例して社内規定の網羅性を高めてゆく。

このようなステップであろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る