新着情報

社内不正について

過去の記事 

 

ある日系企業様での中国人副総経理の不正が発覚した。

被害金額はかなりの巨額な金額になる模様だ。

中小企業であるなら、一発で倒産に追い込まれるほどの金額である。

かなり計画的、かつ長期に犯行を行っていたとのことである。

日本語も堪能で、優秀な方であったが、ここ数年ご自身のご一族を入社させるなど、アレ?と思われることがあった。

日本の董事長は月間に2回程度、現地に入っておられた。

今回の事件の遠因は購買管理にあった。

①発注業務・②受入業務・③検収業務・③棚卸業務・④支払業務

この4業務が相互確認不全症候に陥っていたようだ。

現地法人では、管理部門の人員削減の名の下、相互チェック機能を果たせていないことが多い。

このような場合には、早急に改善を要するであろう。

一旦事故が発生したあとでは、遅い場合が多い。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る