新着情報

無錫駅のアンバランスさ

過去の記事 

昨日は無錫新区でのセミナであった。

上海虹橋駅からの高速新幹線で約45分程度で無錫駅に到着する。

本当に速くなり便利なった。

しかし、残念なことは7月21日のブログにも書いたが、駅とその周辺サービスのアンバランスさだ。

タクシ乗り場の貧弱さと巨大な駅とのコントラスト。

強烈な印象であった。

この高速鉄道は誰がどのように考えようが、日本発の技術・設計思想が形になったものだ。

そしてそのようなサービスを提供している駅から出た瞬間、そこには中国人の設計思想での駅周辺のサービスがある。

高速新幹線で1時間も早く無錫駅に到着しても、炎天下の長蛇の列でタクシを待つのであれば、速く到着した意味がない。

まさに資源のムダ遣いだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る