新着情報

月次スローガンの重要性に関して

過去の記事 

日本国内ではこのスローガンという言葉さえ、既に死語かもしれませんが、こちら中国での現地法人ではまだまだ元気です。

中国語では【口号】と言います。これを企業内管理で利用しない手はないと思います。

各会社様とも経営理念を受け、行動指針などを策定されていることと思います。

その上で、年度方針、あるいは半期方針を決定されている会社様も多いことと思います。

そこで弊社では更に一歩踏み込み月次スローガンの設定をご提案しています。

そのメリットとしては、下記の3点があります。

①年度方針の具体的行動指針を社内で共有化できる。

②奨励制度の基準値として定めることができる。これは大変大きな意味を持ち、罰金制度はその制度化や実際の運用なども比較的運用がしやすいのですが、奨励制度をどのように導入するか?が各社様とも悩ましい問題でもあります。

③朝礼などの機会にアクセントをつけることができる。これは1分間スピーチでも3分間スピーチで も行う時にテーマを設定することが可能になる。

大きなメリットとしてはこのようなところでしょうか

皆様の会社ではこのような月次スローガンを導入されていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る