新着情報

明るい話が少なくなりましたが・・・。

過去の記事 

明るい話を聞かなくなりました。

 受注が4割減少した。

来年2009年はさらに調整が進み、厳しい状況が続く事が予想される。

 為替差損が予想以上に痛手となっている。

このような話を多く聞くようになりました。

 皆様の会社の状況は如何でしょうか?

 経営と経済は違うとはうまく表現したものと感心しています。

 このような状況であっても、あまりに多い受注に生産が間に合わずその対応策に追われている会社様もあります。

また多い受注のため、工場を移転(実際には増設です。)を計画をされている会社様もあります。

 まさに一色では語れない状況のようです。

当然良い時もあれば悪い時もある。 当然だと思うのです、良い時に何を考え、何を実施するか? また受注状況などが厳しい状況だからこそ何をすべきかを考える。

 基本的なことですが、明るい話に触れることが少ない今改めまして感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る