新着情報

日中間での移動

過去の記事 

前回のアップからかなり時間が経過してしまいました。

この期間中、常熟・浙江省平湖・無錫・大連・東京・金沢と移動・出張でした。

こうした移動には当然、航空機を利用します。

いろいろと航空機では事故なども報道されていますが、中国国内での移動では航空機なしでは今では考えられません。

私が中国ビジネスの駆け出しであった時期(1980年代の後半)を考えますと、特に中国国内線の充実は考えられないことです。

やはりそれだけ、経済が成長していることには間違いありません。

こうして航空機での移動が多いと当然、移動中に睡眠を取る事が多くなります。

先日大連から成田に移動した時には、目が覚めた時に不覚にも今どこにいるのか分からなくなり、目が覚めて日本人キャビンアテンダントに中国語で【目的地まだあとどれ位の時間ですか?】と聞いた次第です。

相手の日本人アテンダントは英語で40分位ですと丁寧に応えてくれました。

さぞかし変わった日本人であると思われた事と思います。

日本と中国との時差が1時間と極めて少ないことも影響しているように感じるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る