新着情報

日々研鑽しなくては・・・・。

過去の記事 

 

日本語での研修と中国語での研修。

同一のカリキュラムである。学んで頂きたいポイントは同一である。

但し

言語が違う。

演習問題の内容が若干異なる。

受けるジョークが異なる。

このような違いを克服し、正確に研修内容を学んで頂くようこちらは日々研鑽しなくてはいけない。

毎回あの部分はこう表現すれば良かったとの反省が多い。

次回の研修に生かしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る