新着情報

新任の総経理様

過去の記事 

 

新たに現地法人の総経理様に就任された方もこちら現地法人での日常業務に慣れられてきたことと思います。

過日の記事にも書きましたが前任の総経理様からの業務引継書などを参考にされておられる事と思います。

前任の総経理様の業務を確認し、ご自身の方針などを策定することからスタートです。

また一緒に仕事をしている管理職の方との面談などを実施された方もおられることでしょう。

この業務引継書の宿命としては、常に前任者の方の記述が、後任者の方にとり満足のゆくものではないということです。

会社様によりその期間は異なることと思いますが、1週間~2週間程度、引継業務を行っても、現地の経営感覚はこのわずかな期間で100%伝達することはまず不可能です。

さらに残された業務引継書もなかなか満足しないものであるなら、なおのこと日常業務での判断に迷う事も多いのでないでしょうか?

この業務引継書のあり方を是非とも新たに総経理に就任された方様は、ご自身が困ったことをベースに改善されては如何でしょうか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る