新着情報

愛国心について

過去の記事 

 

出張のない日にはCCTV(中央電視台)の夕方の7時からのニュース番組を見ることを楽しみにしています。

今はメインのニュース・トピックスは何といっても迫って来た北京オリンピック関連のニュースと四川大地震のニュースがその中心です。

特に四川大地震で被災された方には心からお見舞い申し上げます。

復興作業も実際にはまだまだのようです。

また一方北京オリンピックの成功も心から祈っています。

この2つのニュース・トピックスの共通的視点は【愛国心】というキー・ワードです。

但し祖国を愛するというシンプルな感情とは異質なものを、この中国あるいは中国人の愛国心で感じるのは私一人ではないと思う。

愛国心は共産党の一つの国家統治のツールなのでしょうか?

中国のような多民族国家は愛国心という国家統治ツールが必要なのでしょうか?

ではアメリカは?

すべての共産主義国家はそうなのでしょうか?

祖国を愛し、地元を愛し、属している集団を愛し、家庭を愛するという構造とは異なっているように感じるのです。

いったいこちら中国での愛国心とはどのような概念なのでしょうかね?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る