新着情報

庶民の日中関係とは?

過去の記事 

東シナ海の尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船と中国の漁船が衝突し、船長が逮捕された事件で、中国では対日感情が悪化しているとの日本からの報道を見た。

さて、昨日の中山公園の3号線の自転車置場でのこと。

いつもの通り自宅マンションから自転車で中山公園に移動し、駐輪場で5角の駐輪費用を徴収する係員との会話だ。

この係員(男性)とは以前から顔見知りで、決して親しくはないが、お互い認識できる。

先方は私を日本人だということを知っている。

【知っているか?中国人の船長が不法に拘束されていることを?】

【いや詳しくは知らない。】

【はやく船長を帰せ!】

私はこの係員と日中関係に関して議論する気などまったく持ち合せていないし、議論する意思もない。

ただ中国でのマスコミの報道の内容は、日本での報道の内容とはかなり異なっているのは事実だ。

事態が深刻な状況にならないことを祈るのみだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る