新着情報

常州までの鉄道

過去の記事 

上海から常州までは1時間30分です。

過日のグログにも書きましたが、その人の多さに改めて驚きますが、車内の中はいたって快適でした。

その日は【軟座】がなく、【硬座】に座席を取って上海に戻りました。

私自身は軟らかいシートより硬いシートの方が座りやすく実に快適な列車での移動でした。

この硬座には外国人と思える方はほとんどいません。

恐らく軟座の座席に座るのでしょうね。

この硬座は日常の中国の方の生活・マナーなどを観察するには最高の環境だと思います。

日本のJRでの車内との比較が実に面白いです。

車内販売には2.5元で果物の販売があったり、お湯の無料サービスがあったりします。

私の隣に座った30代前半の中国人男性はパソコンで何やら資料を作成していました。

駅構内の人の多さには閉口しますが、車内は快適なのが鉄道での移動ではないか?と思います。

もちろんスリなどには十分気をつける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る