新着情報

変わりましたね・・・。

過去の記事 

最近の中国での日系企業内の様子ですが、変われば変わるものですね。

昨年の金融危機以来でしょうか、いやもっと前からでしょうか,こちら中国での日系企業内でも大きな変化があります。

日本本社採用の中国人と中国現地採用の日本人という構造です。

往々にして中国人の方が上司で、日本人の方がその下位の職位で専門職の色彩が強いのです。

いったいこれは?と一瞬は驚きましたが、すぐに冷静に戻ることができました。

明らかなマネジメント能力の差があるのです。

上記の例では、中国人の方は日本への留学経験の方が多いのです。

しかも中途半端な大学ではなく、超一流大学卒の方が多いのです。

従来は極めて保守的でかつ排他的人事管理をしてきた日系企業でしたが、ここに来てかなり状況が変わってきているように思います。

現在多くの若い日本人の方が中国に留学しています。

このように中国に留学している若い日本人の真ライバルは日本の一流大学に留学している中国人になっているのでしょうね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る