新着情報

中国人の客室乗務員に関して

過去の記事 

 男性である限りどこの国であってもこの客室乗務員(以下、スチュワーデス)に関しては話題に事を欠くことはありませんよね。それも当然であって、容姿端麗で知的。さらにサービスが良ければ、誰しもこのスチュワーデスに特別の関心を男性であれば抱くであろうと思います。

一説によると(客観的統計データは手元にはありませんが)中国の航空各社客室乗務員の出身地別では、遼寧省大連市がダントツに多いということを一度聞いたことがあります。ことの真意はわかりませんが、遼寧省大連市が美人の産地であるということの評判が、このようなまことしやかなことを言わせるのかもしれません。

日本の航空各社の客室乗務員の採用基準と中国の航空各社での採用基準に関しては、大筋同一であると思います。

また、一国の経済的力量を測定するのに、もっとも手っ取り早い測定基準あるいは日常生活体感値とも言うべき指標が、その国の航空会社の客室乗務員の美人度数による基準らしい。と言うのも、その国がまだまだ発展途上の段階にある国で、国家を挙げて経済発展を推進している国や地域(中国がまさにこれに該当するのでは?)では、このスチュワーデスという職業は、男性のみならず、女性の憧れの的の職業化します。当然、給与などの待遇も抜群に良いし、頻繁に業務上とはいえ、海外に行ける機会が与えられている女性の職業というのは、そう多くない訳です。

一方アメリカをはじめ日本などでは、まだこのスチュワーデスは女性の憧れの的の職業であることには変わりありませんが、このスチュワーデスの機内での業務の辛さや、経済発展に従ってスチュワーデス以外の職業でも、女性が自分らしさを実現できる職業が存在するようになっている国や地域では、もはや羨望の的の職業とは言えないのではないか?と思うのです。

したがって、スチュワーデスの美人度数とその航空会社が所属している国の経済的力量は、見事に反比例の関係になるように思います。中国でも一部の路線にはスチュワードたる男性客室乗務員が搭乗している航空会社もありますが、アメリカの某航空会社のように、乗客に食事などのサービスの提供をするものではありません。

このように考えてゆくとお隣の韓国も既に先進国の仲間入りです。もちろん台湾・香港もそうですね。

特に国際線のスチュワーデスには、目の醒めるような中国美人多いです。また、中国の国内線のスチュワーデスをじっくり観察すると中国という国の広さをしみじみ感じ取るはめになります。大連以北の都市と雲南省の昆明あたりとでは、同じ中国人女性とは思えないくらいです。

このような観察で中国での航空機の中でのひと時を過ごされるもの、また良いものですよ!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る