新着情報

ボーナス支給の時期です。

過去の記事 

中国の春節を向え、ボーナスの支給をされる(あるいは検討されている)会社様が多いことと思います

人事管理の基本は5ステップであることは過日に記事に記した通りです。

この人事考課の重要性について改めて、私の主張を確認したいと思います。

重要なポイントは

①現在ある人事考課制度の運用の状況。

②人事考課の方針を社内で明示しているかどうか?

また、この人事考課制度を中心として、近未来管理には人材の育成計画があり、現時点管理では給与体系管理が繋がっていくことになります。

こちら中国での人材マネジメントを考える上では大前提が日本と中国とでは異なることはご存知の通りです。

何が決定的に違うか?中国の方が日本と較べ「待ったなし」であるということでしょう。

労働契約書の存在です。

【ちょっと待って下さい!】(←この発言の背景は問題の先送り的ニュアンスが多い感じがします。)が効かない。

即物・即金・即判が求めらる局面が実に多い。

日本人管理者サイドからするtどちらかと言うと追い詰められた心理状況になってしまいがちです。

それだからこそ、事前に計画を立て人事考課制度を構築する必要があるわけです。

この重要性をどこまで認識するか?が決定的なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る