新着情報

ひさしぶりの自転車盗難

過去の記事 

昨日のことであった。

浙江省への出張のため愛用している自転車を中山公園の駐輪場において一泊2日の出張に出かけ、昨日上海に戻った。

いつもの通り駐輪場の管理人に5角支払いをしていたので安心していたのがうかつであった。

この管理人は夜の7時には職場である駐輪場を離れ、夜の7時以降は責任を持たないとのことであった。

てっきり駐輪場の管理人がいるので安心と思っていたことがミスであった。

これで記憶に残っているだけでも6台の自転車がなくなった。

どのケースもカギをキッチリかけた記憶があるものばかりだ。

教訓としては駐輪場に泊まりで自転車は置いてはいけないということだろうか?

仕方がないので近くの自転車屋さんに行って、また驚いた。

以前はあれだけたくさん品揃えのあった自転車が少なく、その代わり電動自転車ばかりであった。

2000元前である。

確かにそれは便利であるが、私にすれば運動不足解消の意味もあり、自転車を求めていた。

さんざんおばちゃんの店員さんに上海語で電動自転車を進められたが、運動不足解消の目的もあり、最後には自転車を買う事ができた次第だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る