新着情報

その当たり前のことが、なかなか・・・・・。

過去の記事 

これは言い尽くされた言葉の一つであろう。

しかし当事者にとっては誠に深刻なことである。

いつも日本サイドからどうしてか?との集中豪雨的問い合わせに答えなくてはいけない。

この現地と日本との温度差が以外と劣性コストとなっているケースが想像以上に多い。

もちろん現地法人の日本人は必死である。

冷静に分析すると中国ではまだまだ人海戦術で日常業務を処理する定形型業務が多い。

一方日本では、このような業務はすべてとまでは言わないが、かなりの程度までシステム化されているケースが多い。

単純な貨幣価値で測定できる効率だけではない。

システムが勝つか?人海戦術が勝つか?

中国でも答えは明らかであろう。

如何に仕組みを構築するか?

如何に標準化するか?

この事実は、意外と重い意味を日常業務では持つことになるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る