新着情報

あって欲しいものがなくて、なくてもいいものがある中国社会?

過去の記事 

ある友人の言葉である。

我々日本人からすればまさに的を得た表現と感心した次第だ。

あって欲しいものの代表的なものには、他人を思いやる余裕とかチーム・ワーク性などがあるものと思われる。

また、なくてもよいものの代表的なものには、中国人の方の伝統的なメンツ問題などがあるものと思われる。

これらのことを一言で良い悪い等の価値判断を下す事は危険であることは百も承知している。

最大のポイントは社会の効率であろうと思う。

果たして日本社会が中国より効率の良い社会なのか?

逆に中国社会が果てしもなく効率が悪い社会なのか?

このような視点で考えてゆくとさまざまな考え方があることが分かる気がしますが、如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る