新着情報

TPM 第2弾→目標値はゼロ

お知らせ 

TPMに関連する記事には多くの方にご覧頂きありがとうございます。

TPMの活動目標は、ゼロというものです。

製品(工程内不良も含めて)の不良セロ、設備故障ゼロ、災害ゼロを目標値として設定するというものです。

従来のTQMなどに代表される改善活動では、もともとの実績値の50%程度が目標値である場合が多い。以前よりは良くなったという活動です。

ところがこのTPMではゼロを目指すのです。ゼロを。

一気にはゼロにはなりませんので、そこには有効な計画策定&実施力量が必要です。

私はこのゼロという目標値に大きく心を揺り動かされました。

改善活動を地味に、そして愚直に実施しされてきた企業様にとり、これからは重点指向による改善ではなく、すべての要因を潰し、成果としてゼロを目指す経営が有効と思うのです。

写真は今年4月に中国の民営企業の経営陣にTPMの概要説明をする筆者の様子。

IMG_2787

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る