新着情報

ISO9001の持つ意義の変遷に関して

お知らせ 

時間が若干バックするが先週の火曜日の14日に太倉市にて、ISO9001の2015年版への変更の初回調査&基本勉強会があった。

昨年からこのISO9001に関連する動きがいろいろとある。

このような動きの背景には、さまざまな要因があると考えられる。一つは2008年版から2015年版への変更の要請だ。もうひとつは中国にある日系企業様の現地化という側面があるように感じている。

現地化を推進するにあたり、しっかりとした管理システムの力を借りたいとの想いだ。

10数年前の中国では、このISOという認証を持ってさえおれば、法人としてしっかりとした管理システムの基で経営をされているとのことで、受注もしやすく実際の社内の管理体制はどうあれ、とりあえず認証だけでも取得したいという企業様が支配的であった。ところが現在ではこのような名目型認証ではなく、実質型認証とでも表現しようか、ほんとに経営にプラスになるISOへの要請がある。

好ましい状況だ。

明日も上海市内での9001番の取得支援がある。この会社様は今年初めてこの品質マネジメントシステムを取得される会社様だ。

写真は14日の基本勉強会の様子。

IMG_2532

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る