新着情報

最近の上海の交差点での交通警察官の多さに関連して思うこと。

お知らせ 

上海にお住まいの方であれば既にお気づきのことと思うが、ここ数か月間、ラッシュ時(朝と夕方)での上海市内での交差点での交通警察官の多さだ。

以前は交通警察官が交差点の中央に立ち、交通状況を監視・監督することは少なかった。

信号無視を平気でする歩行者・バイク・自転車が多かったが、この警察官が交差点に立つようなってからは、かなり交通マナーが改善したように感じる。(もちろん交通警察官がいる時だけだが・・・。IMG_0735 IMG_0737

こうしてこの交通監視の警察官と歩行者・バイク・自転車の交通法規の順守度合をコスト面から考えると、中国は社会的コストが高い社会であると思われる。

理想はこのような交通警察官がいなくても、すべての歩行者・バイク・自転車が法令を遵守すれば社会的コストは安くなるだろう。

つまり信号を遵守するというあるべき姿には、自主的には到達できないようだ。

第三者(それが国家権力であったり、上司であったり)の監督・管理・が必要なのであろう。

企業内においても自主的・自律的に行動することは、どうやら苦手のようだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る