新着情報

席(特に電車で)を譲る行為とは?

お知らせ 

IMG_3885日本では移動距離が40KMから50KM以内の移動では車を使うことが多い。

上海では私は車での移動は極力避けてている。

というか中国でのドライバーライセンス(運転免許証)に何ら意味を見いだすこともできないので、中国での運転には何の関心も興味もその便宜性すらも見いだせない。

車では、渋滞や事故や大気汚染による高速道路の閉鎖等のため目的地に到着する時間も読めない状況であるし、必要以上に不必要なもの(高級車であったり法令無視の運転)を目のあたりにするのでまったく楽しくはない。

一方、電車や地下鉄での社内の様子は日本と中国とは、その状況がまったく違う。

8月29日の記事を参照。

特に高齢者や妊婦さんや何らかのハンディーを持っておられる方に席を譲るという行為は、圧倒的に中国の方が多い。

日本の電車の中では6人が座れるシートに高校性が脚を大きく開き、4名が座っている状況をよく見る。

これは学校での教育であろう。

20年前の日本と中国との状況が真逆になっているのでは?と思われる。

写真は日本では日常的になかなか見ることができない、高齢者の方がお互いに、仲良く手をつないで朝の散歩をしているもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る