新着情報

友情という本について

お知らせ 

昨日の金曜日の午後から平尾誠二さんと山中伸弥さんの本を読んだ

ご存じの通り平尾さんは日本ラグビー界のスーパースターで、山中さんとはノーベル賞受賞の京都大学iPS細胞研究所所長である。

上海にいるためアマゾンの電子版を購入して読んだ。写真の通り。

お蔭で金曜日の午後からはまったく仕事にならず、一気に読んでしまった。

まったく異なる業界・世界でのスーパースターの対談から始まる。

このお二人に共通しているのは同じ歳と言うだけ。

私は人間のやさしさ,人間の品格などを考えさせられた。

人を叱る際の・・・・・・・。などなど。

あまりこのブログでは内容を触れない。

是非とも皆様も一読されて如何でしょか?

人によっては涙が出る場面も多いので(実は私がそうでした。)、通勤途上の読書には注意が必要だろう。

恐らく3時間程度で読めます。

こちら上海という極端な即物的な価値世界の生活の中で、目に見えない人間の精神面での重要性を確認できる名著だ。

IMG_3877

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る