新着情報

休日について

お知らせ 

20代の会社員時代は週末が待ちどうしかったし、また楽しみでもあった。

自分で会社を設立したあとは、週末は何となくゆっくりできなかった。

このように休んでいて大丈夫なのだろうか?と焦燥感や不安感が先だった。

その後はこのようなメンタル状態で永い時間を過ごし、曜日に関係ない日常生活をおくった。

このように書くと、なんだかカッコ良いが実際は、日本と中国との年間カレンダーでの休日が異なるため、その結果として日本や中国の曜日に関係なく仕事をしたのが実情だ。

日本カレンダーでは休日でも、中国カレンダーでは出勤日というようなパターンだ。

 

ところがこの歳になってくると、まずは30代や40代のように体力、いや正確に表現すると集中力が持続しない。

今週も日・月・火・水と連続4日でハードワークだと集中力がかなり落ちることを自覚する。

本日は木であるが、私にとっては週末の金に相当するハードワーク第5日目である。

この自己の休日に関しては、誰が決める訳でもなく、おのれ(己)が自己責任で決定したいと思う。

写真は先日休日に行った禄剛崎灯台(狼煙の灯台)。

IMG_5338 IMG_5336

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る