新着情報

久しぶりの関空利用

お知らせ 

久しぶりの関空利用である。

今年2017年は初めての利用となった。

今年は不思議と中部国際空港=名古屋のセントレアの利用が多い。

こうして中国の多くの空港(上海浦東・上海虹橋・武漢天河空港・大連空港・広州白雲空港・シンセン空港)と日本の関空・セントレア・羽田・小松等の空港を利用するとその違いが体験的に良く解る。

規模の大きさでは何と言っても中国が大きい。9月21日の武漢空港関連の記事もご覧ください。

最大の違いは空港の設計思想そのものだろう。設計段階での優先順位の違いを感じる。

私は個人的には、日本の空港が便利で人間の温かみすら感じ取ることが出来るのだ。

中国の空港では、残念ながら地域ごとの特色を感じ取ることが極めて少ない。これだけ国土の広い国なので、それぞれの地域の特色を前面に出せばと思うが、中国のどこの空港のお店も世界ブランドの同じ商品ばかりだ。これでは楽しみもなにもない。

せめて最高の接客であればまだ救われるが、これも世界ブランドとはかけ離れたレベルものが多い。

写真は上海浦東空港と関空の様子。

 

IMG_3892 IMG_3897

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る