新着情報

久しぶりの浦東空港の国内線ラウンジ

お知らせ 

久しぶりの浦東空港での中国国内線の東方航空(MU)のラウンジである。

通常は中国国内線は、虹橋空港の利用が圧倒的に多い。ただ上海⇔大連間は浦東空港がベースで虹橋空港発着の便がない。

かなりラウンジが広く、昼食を食べたが思った以上に旨い。

ただ残念なのは、やはりフライトの遅延であった。2時間の遅れとのこと。

今はラウンジでこの記事をアップしている。

改めて中国国内での航空機での移動原則は、いくつかあるように思う。

第一原則は、前泊であること

第二原則は、朝一番のフライトを利用すること。

第三原則は、その日の最終便での移動は絶対に避けるべき。翌日の朝一番のフライトの方が時間が読める。

写真はラウンジの様子。

果たして本日は何時間遅れで大連到着であろうか?

IMG_3541

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る