新着情報

上海に到着:大気汚染が気になる。

お知らせ 

14日ぶりに上海に戻ってきた。

懐かしいという感覚だ。

2週間前の昨年年末には、上海に於いて体調を少々崩した。

中国では冬場は大気汚染がやはり気になる。

ほぼ日本の実測値の10倍から15倍のPM2.5が計測される環境であることは事実だ。

気を付けていなくてはいけないが、人間は実際には呼吸しなくてはいけないわけで、具体的対策とすればマスクを着用する程度の事しかできないのが実情だ。

酸素ボンベを背負って中国で日常生活をしている人間を見たことがない。

また私のように研修講師の業務をしていると、このマスクが邪魔な障害物となる。

いずれにしても体調管理:規則正しい生活としっかりとした食事、そして適度な運動で日常生活を制御せざるを得ない。

中国の冬は年々、環境が改善されているのではなく、大気汚染の程度が悪化している印象だ。

写真は本日搭乗した東方航空の小松での機材と到着空港である浦東の様子。

写真ではわかりにくいが下の写真で浦東空港での大気の様子が分かるだろうか?

IMG_2063 IMG_2066

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る