新着情報

リーン生産方式の第2回目の研修

お知らせ 

リーン生産方式の導入を考えておられる上海市郊外の日系企業様での第2回目の社内研修であった。

この会社様では7月1日に導入研修を実施し、今月8月から月1回実施の研修を12月まで5回する予定。

今年の6月以降はこのリーン生産方式、トヨタ生産方式の導入を検討されておられる企業様が多い。7月23日の記事でもアップした通りだ。

5S活動からISOシリーズ、リーン生産方式(あるいはトヨタ生産方式)そして改善活動等は、座学での学習だけでは成果が出ない。もちろん座学で基礎的な知識は必要であるが、更に重要で大切なことは、実践力、あるいは執行能力である。

このような行動力や実践力は、もちろん知識も必要であるが、本質的には組織能力や、リーダーのリーダーシップそしてその会社様の社風などが大きく問われる。

本日の企業様は総経理の基本方針のもとで全社一丸となって取り組まれている。

必ずや良い成果が出るものと確信している。

写真は本日の研修の様子でグループディスカッション中。

20名の管理者の受講生の方であった。

IMG_0934

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る