新着情報

この大雪で感じること

お知らせ 

先週の木曜日(11日)は関西(大阪と京都)での所用のため日帰り出張であった。

大阪までの行きのJRサンダーバードは約60分遅れの到着であった。

大阪と京都で無事に用事を済ませ、金沢へ戻った。

問題は最寄り駅から自宅までは近年に体験したことがないような嵐;前方の20m先が雪で見えないような視界であった。

さらに11日の夜から12日の朝にかけ、低気圧の影響で私の自宅周辺では約60cmの積雪となった。

11日には距離にして300km程度しか離れていない関西は冬の晴天であることを考えると、改めてこの国の多様性を感じる。

中国では上海と南京との距離が約300kmであるから、冬場の金沢と大阪 VS 冬場の上海と南京とを比較するとその違いがより鮮明に理解できる。

日本、特に北陸は四季が明確だ。それだけ自然の豊かさをも感じる。

この自然の豊かさが、人間も持つ優しさとか思いやりにも影響を与えているのであろう。

写真は11日の夜に金沢駅の到着したサンダーバードの様子。

IMG_4443

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

著作物

中国でのビジネスをお考えのかた、必見です。この一冊で不安がなくなります。

詳しく見る